2014年12月31日水曜日

2014年の音楽

 音楽ファンがグダグダであることとこの国のリベラル左翼がグダグダであることはどこか似ている気もする(両方とも困る)今日、もはや音楽に熱を上げることは(もしかして)ダサいことなのでわ、という想いが去来することは正直ある、ということを告白しておきつつ、他方では『Jazz: The New Chapter』『うたのしくみ』『ナイトフライ 録音芸術の作法と鑑賞法』などの充実した書籍の登場が音楽理解の更新をもたらしてくれた2014年でした。つまり純粋に "Music" を読み解くことはいまなお面白いが、音楽を通して世界や人間を語ることは「……」。『新しい音楽とことば』はとても面白かったのですが。しかし、周囲の鋭敏(だと私が思っている)な若者たちも次々と音楽を語ることを諦めているなか、我らがタナソーの鼻息がふたたび荒くなりつつあることを、『SNOOZER』に感化されて育った自分としては嬉しく感じています。『THE PIER』収録のライナーノーツには感動しました。
 
 自分はというと、いよいよ趣味趣向が固定化しつつあるのを感じます。古い音楽との接点がない(見出しづらい)音楽にはなかなか夢中になれない。しかもドメスティックの割合がどんどん大きくなってる。Last.fmによれば今年はキリンジとピチカートファイヴをいちばん聴いていたようです。やはり先述の『うたのしくみ』『ナイトフライ』の影響もあり、クラシックスをより深く聴きたいという気持ちが強かったかもしれない。実際のところ、話題作はどれも良かったと思いました。ただいざ挙げるとなると……ちょっと後ろめたいところがある。そこまでは聴いてないでしょ、と。こんなモンが他人を批判するのはいかがなものか? 僕は問題ないと思います。

 話題作のなかでも個人的な関心と重なり合ったと感じられたもの、それほど話題にはならなかったけどアチキは好き、な作品を中心に11+11枚挙げます。今回はポエムはありません。本当に繰り返し聴いたぞいと胸を張って言えるのは最初の4枚ですが、どれも素晴らしかった。しかし今年は、マンガを読んでる方が全然楽しかった(同様に、今年は映画を観るのが楽しかったという人は少なからずいるでしょう)。今年は中学の頃から数えてリスナー歴 "やっと" 10年目なのですが、いろいろな意味でこんな風になるとは思わなかったです。


1. 菊地成孔とぺぺ・トルメント・アスカラール『戦前と戦後』

2. くるり『THE PIER』

3. Leo Tomassini『Arpoador』

4. 『映画「たまこラブストーリー」オリジナル・サウンドトラック』

5. D'Angelo & The Vanguard『Black Messiah』

6. Gruff Rhys『American Interior』

7. Antonio Loureiro『in Tokyo』

8. 森は生きている『グッド・ナイト』

9. Kimbra『The Golden Echo』

10. ayU tokiO『恋する団地』

11. A Sunny Day In Glasgow『Sea When Absent』

以下、発売順

Brian『Brian』
Stephen Malkmus & The Jicks『Wig Out At Jagbags』
Nir Felder『Golden Age』
Diggs Duke『Offering For Anxious』
坂本慎太郎『ナマで踊ろう』
古川麦『far/close』
Elizabeth Shepherd『The Signal』
北園みなみ『PROMENADE』
Azealia Banks『Broke with Expensive Taste』
OMSB『OMBS』
竹達彩奈『Colore Serenata』


【シングル、配信など】
1. Donnie Trumpet & The Social Experiment「Sunday Candy」

2. 悠木碧「クピドゥレビュー」

3. 冗談伯爵「幽霊のバラード」

4. cero「Orphans」


5. emamouse「田園調布ラプソディ」(13年)


6.  Ne-Yo『New Love』


7.  あおい (井口裕香), ひなた (阿澄佳奈), かえで (日笠陽子), ここな (小倉唯)『夏色プレゼント』



8. 無敵DEAD SNAKE『乙女の秘密 feat.ラブリーサマーちゃん』



9.  婦人倶楽部『FUJIN CLUB』



10.  Kane West『Western Beats』


11. ピクニック・ディスコ『君のTwitter』

0 件のコメント:

コメントを投稿